アルバイトでもキャッシングは可能なの!?

キャッシングおすすめなら銀行?消費者金融

すぐにお金を引き出したいなら消費者金融

近い将来お金が必要になる、という場合であれば銀行のカードローンも選択肢に入ってきますが、今すぐ必要ということであれば、即日融資に強い消費者金融に分があるといえます。もともと消費者金融は個人向けの小口融資に実績があります。銀行が消費者金融をどんどん傘下におさめるようになってからも、そのノウハウを生かした商品展開をしているので、消費者金融の機動力の高さは評価できます。銀行のカードローンでも即日融資対応しているところはありますが、消費者金融のほうが「無利息期間」がついている場合が多いので重宝できます。急な入用が生じる場合、長期間借りると言うよりも一時的に借りるだけで、返済もわりとすぐに出来る場合が少なくないでしょう。そういう場合であれば、「30日間無利息」というように一定期間利息がかからないプランを使うと元金だけの返済ですみます。ですから即日性を求めるなら消費者金融は強い味方です。

ある程度の期間借りたいなら銀行のカードローン

銀行のカードローンの良いところは、消費者金融のカードローンの金利よりも低い利率が設定されると言う事です。多くの消費者金融では最初の契約時に、18%かそれに近い金利が割り当てられることが普通です。一方銀行のカードローンは10%代前半、14%とかそれより低い金利を設定してくれます。なかには約8%というところもあります。当然ですが長期間借りる場合、金利の差は返済する総額の差として大きく反映されるので、少しでも少ない負担額でいきたいというひとは銀行のカードローンを選ぶと良いでしょう。