すでに借金がある人も関係ある?総量規制について

借金を抱えているけれど、さらにお金を借りたいという人がお金を借りることが出来るのかは、これまでどこから借金をしていたのかということにより異なります。もし、銀行から借金をしていたという場合には、銀行などの金融機関は総量規制の対象とはなりませんので、銀行の審査基準によって利用限度額が決められます。
しかし、消費者金融などの貸金業者からお金を借りていたという場合、そして、これから消費者金融などからお金を借りることを検討しているという場合には、総量規制の対象となっていますので、その関係上、借りることが出来る金額には制限が設けられています。総量規制とは、貸金業者から融資を受ける場合には、その上限は年収の3分の1までである必要があるということです。この規制については、消費者金融などの貸金業者からの貸し付け、クレジットカードのキャッシング利用枠の利用などの際に適用されます。
既に年収の3分の1以上の借入がある場合には、貸金業者からお金を借りることは出来ませんが、すぐに一括返済を求められるということはありませんし、利用者が何らかの処分を受けるということもありません。
ただし、新たな借入を行うという場合、既に借りている金額が100万円を超えているという場合には、総量規制と言われているものではない融資のローン申込時に収入を証明するための書類を提示する必要があります。これは、法律上決められていることですので、免れる事は出来ませんので、注意が必要となります。